fc2ブログ
高齢者の次の、基礎疾患を有する人への接種の方が混乱するかも
- 2021/05/15(Sat) -
「私の接種は、どうやって予約することになるんですかね」
当院通院中の65歳未満の方(基礎疾患を有する方)から、今日このような質問を受けて、愕然としました。

皆さまご存じのように、新型コロナワクチンの接種には優先順位が設けられています。
1.医療従事者、2.65歳以上の高齢者、3.基礎疾患等のある方、4.その他の方、という順番です。

かつては、「基礎疾患の有無を判定して接種するのって、めんどくさそう」といったことを危惧したものです。
ところが蓋を開けてみると、現実には高齢者の予約のところでつまずいています。日本中が混乱しています。
ですが、もっと混乱するのは、おそらくこの次の段階、基礎疾患を有する方の接種かもしれません。

熊本市ではどのような予約方法を準備しているのか、今日、コールセンターに尋ねてみました。すると、

(1)時期が来たら、16歳〜64歳の市民全員に、接種券と予診票を発送する
(2)専用サイトやコールセンター等で、基礎疾患のある方等(自己申告)からの予約を受け付ける
(3)対象者かどうかは最終的に、接種前の問診で医師が確認する

高齢者よりもずっと多くの希望者が、ネットや電話に殺到する光景が目に浮かびます。
基礎疾患の有無は自己申告なので、予約段階ではねられることはありません。希望者は全員予約が可能です。

その方々が本当に有資格者かどうか、医師による判定を受けるのは接種当日の問診です。つまり接種直前です。
まさかその時点で、あなたは基礎疾患を有するとは言えないので、接種できませんね、とは言えないでしょう。

このように、接種現場の混乱は必至です。予約受付開始までに、何か別の工夫を考えた方がいいと思います。
接種券と予診票を、16歳〜64歳の市民全員に一斉に送付するのだけは、絶対にやめてほしい。

関連記事
この記事のURL | 医療 | CM(0) | ▲ top
<<まずは、かかりつけの方への接種を優先します | メイン | ドタキャンで余ったワクチンは、誰に打ってもいい>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |