fc2ブログ
もはや「集団免疫」の成立は無理なのか
- 2021/09/08(Wed) -
緊急事態宣言は、多くの都道府県で今月30日まで延長されることになりました。熊本のマンボウも延長です。
新規感染者数は減少傾向があっても重症者数が多く、医療体制の厳しい状況が続いているという判断でしょう。

そんな中で、ワクチンの接種による「集団免疫」の獲得は難しいと指摘され始めています。
従来言われてきた人口の6,7割の接種率では、デルタ株の感染力には太刀打ち出来ないとわかったからです。
「8,9割接種しても大丈夫か分からない」と専門家会議の脇田座長。じゃあ実質的に無理じゃん、て話です。

「やがて集団免疫が成立したら、あなたは周囲の人から守られますから、接種しなくても心配要りませんよ」
私はこれまでに、どうしてもワクチンを接種したくない方には無理強いせず、そのように説明してきました。

しかしどうやら、集団免疫に過度な期待はできないようです。自分の身を守るためには接種が必要なのです。

もちろん、何らかの理由でワクチンをどうしても接種したくない(できない)方もいるでしょう。
もしも可能なら、その方の家族や職場など、すぐ周囲の方のワクチン接種を強く推奨する手もあります。
周囲の社会での接種率が十分に高ければ、局所的には集団免疫が機能するでしょうから。
接種可能な年齢の家族がみな接種をすることで、接種のできない小さなお子さんを守ることもできるわけです。

関連記事
この記事のURL | 医学 | CM(0) | ▲ top
<<バースデーフライトは、お預けです | メイン | 第5波は収束しつつあると思っていいですよね>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |