fc2ブログ
乳幼児の感染判明者は氷山の一角かも
- 2021/09/20(Mon) -
「敬老の日」の今日、意外に発熱外来受診者が少なく、熊本のコロナ収束も見えた気がしました。
熊本に限らず、福岡も東京も全国も、新規感染者数はかなり減っています。この傾向はホンモノだと思いたい。

とは言え、近隣の保育園ではクラスターも出ています。当院でも最近は、園児の感染者が出始めています。
今日の発熱外来にも保育園児が多く、PCR検査のためにみんな頑張って唾液を出してくれました。
園児や児童の感染者の一部はぐったりですが、大半は元気です。見た目、風邪です。なんなら風邪以下です。

全国的に感染者は減っていますが、低年齢層の感染者は顕在化していないだけかもしれません。
そういう世代が感染源となって、いつまでたってもコロナが収束しにくい可能性もあります。

PCR検査に余裕ができたら、国や自治体には、幼稚園・保育園児や児童の全員PCR検査を考えていただきたい。
マスクやディスタンスが徹底しにくいこの世代には、今後とくにコロナ対策を投入すべきだと思います。

ところで少し前、PCR陽性だった若者に、同居している高齢者はいないかと尋ねたときの会話。
「あ、高齢者います」「どなた?」「父が高齢です」「おいくつ?」「60か61か・・・」(ショック!)

かつて敬老の日は9月15日(固定)でした。
中学校の同級生の古田君はこの日が誕生日だったので、当時はそのことを茶化して遊んでいました。
それからすでに40年以上経ち、いまや互いに還暦を過ぎてしまいました。
もちろん、まだまだ「敬老」の対象にはされたくはないですね。

関連記事
この記事のURL | クリニック | CM(0) | ▲ top
<<コロナ禍も「一段落」か? | メイン | インフルワクチンの予約受付方法は、いまだに検討中です>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |