fc2ブログ
市販の抗原検査キットを使う方が増えています
- 2021/09/24(Fri) -
新型コロナの抗原検査に関しては何度か書きましたが、誤解の無いように、あらためて整理しておきます。

(1)抗原検査は、PCR検査に比べると感度が低い(このこと自体は、ある程度知られています)
(2)抗原検査には、「定量検査」と「定性検査」がある(両者は感度がまるで違います。これが問題)
(3)空港等で用いられている定量検査に比べると、診療所等で行っているのは定性検査なので感度は低い
(4)市販の抗原検査キットには、医療用レベルのものもあれば、粗悪品もある

イメージとしては、新型コロナウイルスの検出感度は、
PCR検査 >= 抗原定量検査 > 抗原定性検査(医療機関) >= 市販キット >> 粗悪品

当院で行った抗原検査で陰性でも、念のため同時に行ったPCR検査では陽性だった方が、何人もいます。
まして、市販キットで陰性だったとしても、その方が感染していないとはまったく言えません。

その代わり、それほどに感度の低い検査で陽性が出た場合には、ほぼ間違いなく、感染しています。
以前、抗原検査が陽性であることに納得できない方など数名に、同時にPCR検査をしたことがあります。
全員、PCRも陽性でした。つまり、抗原検査に「偽陽性」はないと考えてよいでしょう。

市販の抗原検査キットで陽性が出たので、再検査をしてほしい、と言って来院される方が時々います。
この場合、PCR検査をしてもよいのですが、早期診断・早期対処のために、抗原検査を行うのが普通です。
そのような方は必ず、医療用の抗原検査キットでも、陽性です。

実はいちばんよく出会うのが、市販のキットで陰性だったのでもう検査しなくても大丈夫、という方です。
先ほどから書いているように、抗原検査は、まして市販キットでは、陰性証明にはなりませんからね。

関連記事
この記事のURL | 医療 | CM(0) | ▲ top
<<「四十九日」の法要 | メイン | Amazon歴20年>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |