fc2ブログ
反田恭平さんがショパン・コンクールで2位
- 2021/10/21(Thu) -
「ショパン国際ピアノコンクール」で、反田恭平さんが2位、小林愛実さんが4位に入賞しました。

反田さんの演奏は、2年半ほど前に「日本センチュリー交響楽団」の熊本公演で聴きました。
佐渡裕のダイナミックな指揮にも負けないほどの(さすがにちょっと負けるけど)、迫力のある演奏でした。

メディアが口を揃えて言うように、ショパン・コンクールはもはや「若手の登竜門」ではなくなっています。
すでに世界的に活躍してる若手のトップランナーを、いわば「追認」する権威のようなものでしょうか。

この時期なので、NHKなどの番組でショパン・コンクールの関連の特番をやってますね。
録画しておいたものを見てみると、なかでも私がいちばん気に入ったのは、キーシンの演奏でした。

エフゲニー・キーシン。ちょうど今月来日して来週から約3週間にわたり、日本の各地で演奏するようです。
残念ながら九州には来ません。この時期に臨時休診も難しいので、せめて福岡に火曜か金曜に来て欲しかった。

キーシンが14歳の時の1985年、ショパン・コンクールの優勝者はスタニスラフ・ブーニンでした。
年齢が若すぎてキーシンは出場できませんでしたが、優勝したブーニンを凌ぐ神童だったという話があります。
その5年後、すでに世界中で活躍していたキーシンは、もはやショパン・コンクールには参加しませんでした。

一方で反田さんは、あくまでショパン・コンクールには出場して、ひとつ達成することを目指したようです。
「ソリストを育成する学校をつくりたい」という彼は、後進に与える目標を明確にしたかったのでしょうね。

関連記事
この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
<<よなのふりよるばい | メイン | 阿蘇ドライブすれば何かが起きる>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |