FC2ブログ
知ったかぶり
- 2012/10/14(Sun) -
自転車を買うために、先日は3軒の店を巡りました。
もちろん、入念に下調べした上で出かけたのは言うまでもありません。
メーカーのHPでいくつかのモデルと仕様を確認し、通販サイトではそれらの実勢価格をチェックました。

さて2軒目に訪れた某店でのこと。
店内をざっと見渡しても、電動アシスト自転車が見当たりません。店員さんに尋ねると、

店「電動アシストは置いてないんです。取り寄せはできますが」
私「それじゃあ、カタログ見せて下さい」
店「あいにく、カタログを置いてないんです」
私「取り寄せができませんね」
店「あっ、カタログありました」
私「これ2010年のカタログみたいですが」
店「あまり製品は変わってないですよ」
私「回生ブレーキ装着車とかの、最近のモデルを見たいのです」
店「・・・」

知ったかぶりなんかするから、ボロが出るでしょうに。
店員さんがしどろもどろになっていると、社長が登場しました。

社「私が何でも承りましょう」
私「新型の電動アシスト自転車を買おうかと思っているのですが、カタログが古いようなのです」
社「何か新しいものをお探しですか」
私「法規が改正されて、アシスト率が変わったので、少なくともそれに対応したものを買いたい」
社「よくご存じですね、このカタログで見ると45キロ走れると書いてありますよ」
私「それはバッテリーのキャパシティーですよね。アシスト率は書いてないみたいですが」
社「45キロというのがアシスト率です。他にアシスト率はありません」
私「・・・」

知ったかぶりを通り越して、ゴリ押しです。
悲しくなって帰る私を、社長の奥さんらしき人が、申し訳なさそうに見送ってくれました。

今回の件は教訓とします。「人の振り見て我が振り直せ」です。
医療でも同じですから。

関連記事
この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
<<孫社長 | メイン | iPSと誤報>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |