FC2ブログ
Windows 8
- 2012/10/27(Sat) -
Windows 8が、昨日発売されました。
そのウリは、タッチスクリーンに最適化された、「Modern」ユーザーインターフェース(UI)です。
開発段階では「Metro」という名で知られていましたが、商標権争いに負けて、改名した経緯があります。

「Windows 8を入れたのに、パソコンがタッチパネルにならん」という笑えるクレームが出てるとか。
当然パソコン本体の買い換えが必要です。それを知らない人でも、Windows 8を買うっていうのが不思議。

ところで、タッチパネルPCって、ホントに使いやすいのでしょうか。

今日は試しに、MacBook Proの画面のところにiPadを立てて、シミュレーションしてみました。
しばらく画面に触れる操作を続けたところ、ひどく腕が疲れました。細かい作業もしにくい。

疲れる原因は、画面が遠いことと、画面の角度が立っていることでしょう。
細かい作業がしにくい原因のひとつは、指の影で画面の目標が見えなくなることでしょう。
長時間触れ続けるためには、スクリーンがもっと手元にあって、ある程度水平である必要があると思います。
指でできるのは、大ざっぱな操作だけ。マウスやトラックバッドの方が、ずっと繊細な作業ができます。

そもそも、パソコンとタブレットでは用途が別。それを融合させるのは無理なのでは?

エクセルやワード中心のビジネスシーンでは、タッチパネルの役割って少なそうです。
ましてや、デスクトップ型PCでタッチパネルを使うのって、ほぼあり得ないと思う。
Microsoftのチャレンジ精神は評価しますが、ちょっとずれてる気がします。

関連記事
この記事のURL | IT | CM(0) | ▲ top
<<因数分解 | メイン | 4種混合ワクチン>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |