fc2ブログ
「鶴」も「熊」も「柿」も常用漢字だけど「栗」はちがう
- 2022/06/12(Sun) -
NHKが昨年11月に、次のような調査を行ったそうです。
「テレビの字幕スーパーとしては, どれがもっともよいと思いますか」
 a.「山で栗を拾う」
 b.「山でくりを拾う」
 c.「山でクリを拾う」

年齢層や学歴による差は少なく、約7割強の方が、漢字で書くのが良いと回答したようです。
これを踏まえてNHKの放送用語委員会は、今後は漢字の「栗」を使うことに決定する方向だと。

こんな簡単な漢字でも、常用漢字表に含まれていない漢字は原則として使わないのがNHKなのです。
お役所の作ったルールに盲従せず、メディアはわかりやすさを優先してほしいものですけどね。
そもそも、前回の改定で常用漢字表に「柿」が追加されたのに「栗」は見送られたのって、意味不明でしょう。

NHKの委員らの意見で私が気になったのは、読みやすいから漢字を使おうという、短絡的な議論です。

たしかに、「山で栗を拾う」 は読みやすいですが、もっと大事なのは漢字と仮名のバランスです。
漢字と仮名が適度に交互に並んでいるからこそ、日本語として読みやすいのです。たとえば、
 a.「昨日栗拾いをした」
 b.「昨日くり拾いをした」
 c.「昨日クリ拾いをした」
であれば、私が書くなら 「くり」か「クリ」ですね。漢字ばかり続けるよりは目に優しいからです。
漢字と仮名を使い分けて、読みやすい字面に「調整」できるのは、他の言語にはない日本語の特徴ですよね。

関連記事
この記事のURL | 言葉・文章 | CM(0) | ▲ top
<<「4回目接種」開始 | メイン | HPVワクチンの勧奨接種再開はたぶん、コロナのおかげです>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |