fc2ブログ
院内隔離室は、小さくてもたくさんあった方がいい
- 2022/06/18(Sat) -
当院を受診される方を大別すると、
(1)コロナではない:生活習慣病等の慢性疾患で通院中の方や、予防接種のために来院された方など
(2)コロナではなさそう:呼吸器や消化器症状があるが、状況等により、コロナの可能性が低いと思える方
(3)もしかするとコロナ:症状と状況から、コロナの可能性を考慮すべき方
(4)たぶんコロナ:濃厚接触+有症状など、コロナの疑いが強い方
(5)コロナ:確定診断後の再診者など

発熱外来の経験上、(2)でも油断してはならないことはわかっています。極論すれば(1)だって同じ。

ほぼ全ての受診者が、濃淡はあれコロナの疑いがあるのであれば、全員を互いに隔離しなければなりません。
そのためいまは患者さんの自家用車を、個室待合室代わりに使わせてもらっています。
しかし院内での検査・処置・点滴等が必要な場合があり、院内隔離のやりくりで苦労することになります。

なので時々思うのは、隔離診察室をもっとたくさん作っときゃ良かった、ということ。
小さな診察室を10部屋ぐらいずらっと並べて、各部屋には駐車場から直接入れるようにドアを付けます。
その出入口の反対側には、スタッフがバックヤードから出入りするためのドアを付けます。

受診者がみな自家用車で来るとは限りません。徒歩や自転車やタクシーで来院される方もいます。
車が無いと順番待ちや検査結果待ちのための場所がないので、院内の隔離室を長時間占有されてしまいます。
そのような方のためだけでなく、採血や点滴などのためにも、個室は複数必要で多いほどいいのです。
いまから開業しようという方には、「駐車場から直接入れる多数の個室」を作ることをオススメします。

関連記事
この記事のURL | クリニック | CM(0) | ▲ top
<<MacBook Proの予備サーバー化は予想外に便利 | メイン | 乳児の定期接種の「セット予診票」を望む>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |