fc2ブログ
「HER-SYS」ここらで見直しましょうか
- 2022/06/22(Wed) -
新型コロナ感染者情報管理システム「HER-SYS」について、昨夜のNHKが詳しく取り上げてくれました。
その入力項目が多すぎる問題に対して、昨日の田中アナの素直な驚き方はなかなか良かったですね。
今からでも決して遅くないので、HER-SYSは撤廃してシステムをまるっと取り替えていただきたいものです。

かつてHER-SYSが登場した頃、「彼女のシス(HER-SITH)? 暗黒面?」などと書いたことがあります。
じつはその時、もう一つ連想していた言葉がありました。不謹慎ながら敢えて書きますが、「はー死す」です。

山口弁では、「はー」はよく使う言葉です。「もう」の意味の副詞です。
「はーやれんいね」(もう、やってられませんよ)のような使い方が一般的です。
なので「はーしす」は、まるでHER-SYSの入力作業の辛さを訴えた「もう死ぬ」に聞こえるのです。

何年も前に、自転車(販売)業界が、「ハース」というキャンペーンを張っていたことがあります。
「Heart(ハート)」+「Earth(アース)」=「Hearth(ハース)」という造語なんだそうです。

ですがCMで流れる音声は、「Hearth」ではなく「Hearse」に聞こえました。これは「霊柩車」の意味です。
思わず、業界の事務局に電話してしまいました。

私「ハース、ハースと宣伝してますけど、ハースって霊柩車の意味です。自転車に使うのはいかがなものか」
業「ハースはハートとアースから作った言葉です」
私「しかしそれなら、語尾は『th』の発音でなければなりませんが、聞いてると『se』の発音ですよ」
業「はぁ?」
てな具合に、噛み合いませんでした。でもその後、いつのまにか「Hearth」は姿を消したようですね。

関連記事
この記事のURL | 医療 | CM(0) | ▲ top
<<「ごぼうの党」があるのなら、「サル党」があってもいい | メイン | ケーブルとハブは新しい方が良い>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |