fc2ブログ
雨漏りその後
- 2023/07/07(Fri) -
院長室の雨漏りは、その後どうなったのかと、ご心配の方もいらっしゃるでしょうか。
どうぞ、ご安心ください。昨日のうちに、ハウスメーカーの方に屋根の応急処置をしていただきました。
そしていま、今日は休診日ですが、確認のために出勤してきたところです。

今日も朝から大雨なので、水漏れ修理が不完全なら雨漏りが続いているはず。それではとても困ります。
気象庁の「高解像度降水ナウキャスト」を見て青色表示以上の雨雲が過ぎ去るのを待ってから、家を出ました。

来てみるとさいわい、院内に新たな雨漏りの兆候はなく、院長室のカーペットはおおむね乾いていました。
しかし臭気はまだ少し残存しており、今後、カビや雑菌やコケやキノコなどが生えてくる恐れがあります。

そこで、秘密兵器の出番です。
まず定番の「ファブリーズ PREMIUM」を振りまいて除菌。「ふんわりおひさまの香り」で満たされました。
引き続いて「リセッシュ WIDE JET」を噴霧。抗菌スペクトラムを広げるための、いわゆる「2剤併用」です。
さらに「無香空間」を設置して悪臭を完全ブロック。おひさまの香りも除去されますが、それはかまいません。
最後に「水とりぞうさん」を室内に3個配置するという念の入れよう。もう乾燥肌が心配になるレベルですね。

関連記事
この記事のURL | クリニック | CM(0) | ▲ top
<<いまの学級閉鎖は、ほぼコロナのクラスターです | メイン | 豪雨と初蝉>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |