fc2ブログ
「5類化」によって感染対策を緩和した医院が多いらしい
- 2023/07/31(Mon) -
「5類化」によって開業医はどう変化したか。
医療従事者用のサイトで行われたアンケート調査の回答を見ながら、当院の実情と突き合わせてみます。

「発熱患者の受け入れ制限を緩和した」
そのような回答が多かったようですが、元々受け入れ制限をしていなかった当院からすれば、複雑な心境です。
でも動線分離ができない等の理由で、いまなお発熱患者の受け入れを断っている医療機関もあります。

「受付のパーテーションを止めた」
当院はまだ止めていません。多少のデメリットがあるとしても、まだ感染者が多い現状では止められません。
予約なしで受付まで入り込んでくる発熱者もいます。そのような方は、むしろこれから増えるかもしれません。

「発熱患者の診察時のガウン着用を止めた」
私はまだ、ガウン+マスク+フェイスシールド+キャップ+手袋、という完全装備を続けています。
診察中に、不意にこちらに向かって咳込まれたりすることがあり、飛沫を浴びることだけは避けたいのです。

「コロナ検査をするかどうかは患者の希望次第にした」
当然、ていうか元々そうでしょ。でもたしかに、有料にもなったし、検査を強く推奨することは減りましたね。
コロナ感染の疑いのある方がそれを意識して行動するのなら、診断を確定する必要は必ずしもありませんから。

高齢者や基礎疾患のある患者さんがいつも待合室にいる当院では、まだ感染対策の緩和は難しいですね。

関連記事
この記事のURL | クリニック | CM(0) | ▲ top
<<ギックリ治療開始 | メイン | 報告数がピークアウトしたとしても、感染者は増えているかも>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |