FC2ブログ
活断層
- 2012/12/11(Tue) -
敦賀原発の活断層問題。原子力規制委員会の評価会合の判定は「クロ」でした。

島崎邦彦委員長代理は「自然の声に耳を傾けて科学的に判断したい」と話していたそうです。
電力不足と産業界への打撃、巨額の廃炉費用と電力会社の存亡などは、まったく考慮しなかったわけです。

当然でしょう。活断層かどうかの判定は、純粋に科学的に導かれるべきです。

問題はその次。活断層判定を受けての「政治判断」がどうなるか、だと思います。
今後「クロ判定」が相次ぐことになれば、政治ではなく科学が、事実上の脱原発を推進することになります。
そうなると、原発推進を掲げる自民党にとっては、まずい流れです。

そこで、次の選挙で自民党が政権を奪い返したら、どのような作戦に打って出るか、推測してみました。
(1)規制委の人事異動:自民党寄りのメンバーに差し替える
(2)活断層の定義を変える:原発周囲から活断層をなくしてしまう
(3)原子力規制委員会設置法を改正する:ザル法にする

「原発をなくしてはいけない。核を作ろうと思えば作れるというメッセージは周辺国への抑止力になる」
という石破氏の発言を考えると、原発推進のために自民党は何でもやりそうな気配ですね。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<ミサイル発射 | メイン | 5分間ルール>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |