FC2ブログ
ミサイル発射
- 2012/12/12(Wed) -
「北朝鮮はミサイルを発射台から下ろす作業に着手した」と報じられたのは、つい昨日のこと。
「年内の発射は難しい」と軍事評論家らは口を揃えて言ってました。
「当初から発射する意思はない」と推測する専門家さえいました。

ところが、発射台から下ろされ、年内発射困難なはずのミサイルが、今朝打ち上げに「成功」したようです。

「不意打ち」を食らった日米韓ですが、情報の判断ミスによって気が緩んでいただけのことでしょう。
発射予告期間を延長し、ミサイルの撤去を装うといった、北朝鮮の「情報作戦」にしてやられたわけです。

ミサイル発射は9時49分。
日本政府は、51分に米国の早期警戒衛星からの情報を入手し、55分に「J-ALERT」に情報を送出しました。
その6分後に、ミサイルは沖縄上空を通過したとのことです。

4月のミサイル発射時には、「ダブルチェック」に手間取って「J-ALERT」の送出ができずじまいでした。
今回は完璧かと思いきや、情報入手から送出までに4分かかっています。これって何やってる時間?

早期警戒衛星の情報を、自動的に「J-ALERT」へ転送するシステムにしたらいけないのでしょうか?
ミサイル攻撃から逃げる時間が、6分と10分とでは大違いです。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<喫煙習慣 | メイン | 活断層>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |