fc2ブログ
とりあえず、1月〜9月のコロナを振り返ってみる
- 2023/09/30(Sat) -
明日から、発熱外来における発熱者や感染者の診療に関わる診療報酬が、大幅に減額されます。
コロナが「5類化」されて数カ月経ちました。発熱外来で認められていた特例加算も終了へと向かっています。

感染防御のための防護具や診療上の工夫や配慮は、今後は普通の風邪程度でいいよ、ということでしょうか。

というわけでこの節目に、今年これまでの発熱外来を振り返ってみました。
当院では1月12日から、外部委託のPCR検査をやめて、自院での遺伝子検出検査(NEAR法)を始めています。
そこで、5類化前の1/12〜5/7を「前期」、5類化後の5/8以降を「後期」として、データを比較してみました。

NEAR法検査総数は2,035人。前期が953人(1日平均8.22人)、後期が1,082人(同7.41人)でした。
陽性者は、前期209人(陽性率21.9%)に比べると後期は465人(43.0%)と、陽性率が倍増しています。
5類化後に検査費用に窓口負担が生じるようになり、より疑わしい人が検査を受けたためかもしれません。
逆に言うなら、検査が無料だった頃には、今よりも安易に検査を行うことが多かったということでしょう。

陽性者のうちの65歳以上は、前期18人(8.6%)、後期34人(7.3%)と、大差はありませんでした。
18歳以下では、前期85人(40.7%)、後期128人(27.5%)と、前期は小児が多かったことを思い出します。

コロナとインフルエンザを同時検査して両方とも陽性だった人は、前期8人、後期2人。
いまインフルエンザの流行が話題ですが、2月〜4月頃にもインフルは流行していたんですよね、そう言えば。

明日からはコロナ治療薬の自己負担が必要になるので、検査を受ける人が減る可能性はあります。
そのために、受診者自体もおそらく減るでしょう。これもまた、ウィズコロナへ向けての世の流れなのか。

ちなみに私は今日、7回目のコロナワクチン接種を受けました。いまズキズキ痛んで、効いてる気がしてます。

関連記事
この記事のURL | クリニック | CM(0) | ▲ top
<<開院16周年 | メイン | 流行の主役はインフルエンザへ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |