fc2ブログ
インフルエンザワクチンの接種枠は、これ以上なかなか増やせません
- 2023/12/04(Mon) -
インフルエンザワクチンは、10月から今日までに、当院では988人に1,192回の接種を行ってきました。

2018年以来6シーズンの同じ時期の接種回数は、1151→1169→1602→1383→1117→1192人でした。
コロナ禍初年度(2020年)には、インフルとの同時流行に備えて、接種者が急増したことを思い出します。
ところがこの年、インフルエンザがまったく流行らなかったので、翌2021年は接種者が少し減りました。
さらに2021年にも流行しなかったので、2022年にはさらに接種者が減ったという経緯です。

今期は、インフルエンザがすでに流行中という状況なので、ワクチン接種者が激増すると予測していました。
でも蓋を開けてみると、ワクチン接種者はせいぜい、コロナ禍前と同程度なんですね。
これはしかし、接種希望者が多くないからではなく、当院の接種キャパが限界なのです。

そう考えると、3年前(2020年)の接種では、そうとう無茶してますね。
コロナに最も怯えた年ですから、インフルとの同時流行を防ぐためにも、ガムシャラに頑張ったのでしょう。
今年も頑張りたいところですが、発熱外来の受診者がまだ多くて、接種ばかりしている状況ではないのです。

というわけで12月も、発熱外来との時間帯分離を徹底した上で設定したネット予約枠は、すでにほぼ満杯です。

関連記事
この記事のURL | 予防接種 | CM(0) | ▲ top
<<バンジージャンプ直後の急死の原因は? | メイン | インフルの陰にコロナあり>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |