fc2ブログ
「ホヌ」コンプリートして帰国しました
- 2023/12/18(Mon) -
熊本に戻りました。ホノルルのホテルをチェックアウトして自宅に着くまで、19時間という長い旅路でした。

ホノルル–成田間で搭乗したA380「フライングホヌ」は、睫毛があって可愛い3号機「ラー」ちゃんでした。
私はホヌにこれまでに3回しか乗ってませんが、「ラニ」「カイ」「ラー」の3機コンプリートできました。

成田から熊本に戻るルートとして、当初は羽田経由を考えたのですが、地上移動に不安要素があり断念。
ジェットスターの利用も検討しましたが、国際線が遅延した場合のことを考えると、ANA以外は不利でしょう。
ということで、今日中にANAで熊本に戻るために、成田から大阪伊丹を経由する行程となりました。

保安検査は、往路の熊本、成田、復路のホノルル、成田、の4回ありましたが、実は熊本がいちばん楽でした。
なぜなら、検査機器が最新の装置だからです。バッグからパソコンを出さなくても良かったのは熊本だけ。
一方で、腕時計をはずさなくても良かったのは、ホノルルだけ。最新の全身スキャン装置だからでしょうね。

出入国審査は、日本ではパスポートのスキャンと顔認証ですべて終わります。行列もほとんどありません。
帰国時の税関申告も、「Visit Japan Web」に入力してバーコードを取得し、あとはパスポートと顔認証だけ。
つまり日本の空港では、対面でドキドキするような審査場面がもう無いのです。拍子抜けするほど簡単です。

パスポートにスタンプを押すのは希望者だけで、そのスタンプカウンターも以前より明らかに減っています。
各国のスタンプが押されたパスポートを見て海外旅行歴を振り返る、ということがだんだんできなくなります。
スタンプをまったく押さない国も多いですが、せめて日本の出入国だけは、スタンプで残したいですね。

なお「ESTA」が導入されても米国では、怖い係官の対面審査は健在。悪いことしてなくてもドキドキします。

関連記事
この記事のURL | 乗り物 | CM(0) | ▲ top
<<患者データを持ち出さなければ、紛失もしません | メイン | 米国人はむしろ、日本人よりもあからさまに親切>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |