fc2ブログ
日曜日の診療の半分は、生活習慣病外来なのです
- 2023/12/24(Sun) -
今日も朝9時過ぎには、夕方までの診療枠がすべて、おもに発熱外来の予約者によって埋まってしまいました。
このように受診希望者がとくに多い日は、早い時間帯のうちに、予約の受付をお断りすることになります。
そんな時は「休日当番医」の受診をお勧めしています。まあ当院も「万年休日当番医」みたいなものですけど。

一方で、毎月1回(4週間毎に)来院する生活習慣病などの方の中には、日曜しか受診できない人もいます。

そういった方は、緊急の事情でもない限り、休日当番医を受診するのは控えていただかなければなりません。
当院かかりつけの慢性疾患の方は、できるだけ当院で責任を持って診療を継続しようと考えています。
しかし、受診希望日にネットや電話で予約枠を確保してから当院に来てください、というわけにはいきません。
予約が取れなければ定期処方薬が切れてしまうし、血液検査や心電図検査も計画できなくなります。

そこで日曜には、生活習慣病等の慢性疾患の方専用の予約枠を、実はある程度確保しています。
そのようにして、急性疾患と慢性疾患の方がそれぞれ、時間帯を分離して受診できるようにしているわけです。

朝から電話しても午前中の予約枠が取りにくいのは、こういった事情もあるのです。

現に今日の受診者は、発熱等の方34人に対し、生活習慣病等慢性疾患の方33人、予防接種2人でした。
発熱外来はちょうど半分程度ですね。そのうちコロナ陽性2名、インフル陽性22名(検査陽性率79%)でした。
コロナが不気味にくすぶる中で、依然としてインフルエンザが圧倒的な猛威を振るっています。

関連記事
この記事のURL | クリニック | CM(0) | ▲ top
<<温度管理の不備は、医薬品には大問題 | メイン | インフルエンザワクチン、ネット予約分の接種は終了>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |