fc2ブログ
『光る君へ』面白いかも
- 2024/01/14(Sun) -
NHK大河ドラマ『光る君へ』が始まってますが、皆さん、観てますか?

戦国モノや幕末モノではない大河ドラマは、いつも観る前から心配になります。視聴率大丈夫かと。
そのような時代をドラマの舞台に選択することは、チャレンジだと思います。

歴史ドラマの宿命として、ストーリーの大筋はすでに、史実として分かっています。結末も変えられません。
でもそう考えると、大河ドラマの面白さは、よく知られている史実と人物の、その描かれ方にあるはずです。

現代モノがあまり面白くないのは、知ってる情報が多すぎて、脚色する余地が少ないからかもしれません。
逆に鎌倉以前は、登場人物について元々知らなくて、どのように描かれてもピンとこないのかもしれません。
戦国時代から幕末までというのは、史実も人物もちょうど良い程度に皆が知ってるから面白いのでしょう。

しかし、大河ドラマが面白いかどうかは第一に、それが描く時代や人物ではなく「脚本」にあると思います。
その意味で、情報の少ない古い時代を描くのは、脚本家の腕の見せ所かもしれません。

今日の放送(第2回)は第1回以上に、素直に意外と面白いと思いました。
「韓流ドラマ」でよく見かけるような、主人公と将来の権力者との偶然の出会いも、ドラマらしくて良いです。
よく知られていない時代ですから、いくらでも面白く描いていただきましょう。

関連記事
この記事のURL | 映画・TV | CM(0) | ▲ top
<<コロナ禍4年 | メイン | 閑話休題>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |