fc2ブログ
コロナ禍4年
- 2024/01/15(Mon) -
1月15日の今日は、新型コロナウイルス感染症の国内初感染が4年前に確認された日として報じられています。

未曾有のパンデミックに襲われて、この4年で世界は激変しました。
最初は感染の恐怖におののき、医療従事者としての責任をどのように果たすべきか、私の苦悩も始まりました。
社会は極度に自粛し、沈滞し、子どもたちの行事はみな中止となり、私も経営上の不安にさいなまれました。

当ブログの、過去の1月15日投稿分の冒頭の一文を列挙してみます。

2020年「インフルエンザは少し下火にも見えますがまだ油断はできません。それにB型が現れ始めています」
4年前の今日の私の関心事はまだ、例年と同様にインフルエンザでした。

2021年「東京や大阪だけでなく、熊本での新型コロナ用病床のひっ迫も緊急事態です」
当院も発熱外来を始めましたが、医療従事者として責任を感じる一方で、恐怖感と不安感が強かった時期です。

2022年「市販の新型コロナ抗原検査キットで陽性だった」という方が、発熱外来の受診者の中に時々います」
発熱外来に忙殺され、例の「HER-SYS入力」に振り回されている時期でした。休める日がありませんでした。

2023年「高橋幸宏さんが亡くなりました。脳腫瘍で闘病後の誤嚥性肺炎だったようです。まだ70歳でした」
そうでしたね。この頃はもう、世の中の感染者が多くてもコロナ以外の話題を書くことが増えました。

そして2024年。コロナを「総括」するには早すぎます。感染者が多くて現場はまだ「コロナ禍」中なのです。

関連記事
この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
<<「出張」すると食べ過ぎる | メイン | 『光る君へ』面白いかも>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |