fc2ブログ
「肺炎球菌ワクチン」接種の経過措置終了へ
- 2024/01/31(Wed) -
テレビで段田安則氏が宣伝しているように、助成対象の方は「肺炎球菌ワクチン」の接種をお急ぎください。
段田氏と言えば、天皇に毒を盛るような極悪人(役)ですが、このワクチンは安心して接種できます。

日本人の死亡原因は、1位の「悪性新生物」、2位「心疾患」は近年不動ですが、3位以下には変動があります。
ひところ3位だった「肺炎」は今は5位です。もしかするとそれはワクチンの効果かもしれません。
また、老衰で亡くなった方は直接の死因が肺炎でも、それを老衰死亡として登録している面もありそうです。
ただいずれにせよ、肺炎で命を失う高齢者はとても多いということです。

その肺炎の原因として最も重要なのが「肺炎球菌」であり、ワクチンはその感染予防にはかなり有効です。
2014年からこのワクチンの「定期接種」が始まり、基本的な接種対象は65歳と定められました。
ただし、その時点ですでに66歳以上の方を救済するために、5年間の経過措置がとられました。

この経過措置によって、65歳以上のすべての「5の倍数の年齢の高齢者」が、接種対象になりました。
理論的には、5年の経過措置の間に、すべての高齢者が一年ずつ、接種対象となるはずでした。
ところが思いのほか接種が進まない。そこでさらに5年間経過措置が延長され、現在に至るわけです。

厚労省は今年度で経過措置を打ち切る方針のようです。来年度からの定期接種対象は65歳の方に限定です。
なので今がラストチャンス。現時点で65歳以上で未接種の方は、3月までに接種しましょう。
と言いたいところですが、いま接種出来るのは、いまの経過措置の対象である5の倍数の年齢の方だけです。

そんなケチなことせずに、もはや65歳以上の全年齢を対象にした経過措置にしてもいいんじゃないの?
肺炎死が減ったら国民医療費は確実に減るんですから、国はワクチン接種にもっと予算を割くべきです。
まさか、医療費削減のために、これ以上寿命を伸ばさない(=肺炎死を減らさない)政策じゃないですよね。

関連記事
この記事のURL | 予防接種 | CM(0) | ▲ top
<<490円で懲戒免職 | メイン | 運転という「マルチタスク」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |