fc2ブログ
勤務医は、残業も引越も大変
- 2024/03/02(Sat) -
羽田行きの機内で(たまに)CAさんと話していると、「来月はホノルルなんです」などと言う方がいます。
ANAのCAさんは通常、国内線・国際線分け隔てなく、様々な路線に乗務するようですね。うらやましい。

世界各国に行ける、と言えば楽しそうな仕事ですが、家庭の事情等で国際線乗務が厳しい方もいるでしょう。
海外がダメな方は最初から採用されないので、入社したからにはあちこちに「飛ばされる」のは覚悟の上です。

一般のサラリーマンでは、毎日勤務地が変わることはないかもしれませんが、やたらと出張の多い方はいます。
また転勤・異動はよくあることで、引越や単身赴任を余儀なくされます。

これは勤務医も同じ。大学の「医局」に所属している限り、医局命令で定期的に、あるいは突然動かされます。
私の場合、1985年の入局から2001年赴任の熊本市民病院まで、合計12の職場を行ったり来たりしました。
大学→大学→公立→大学→民間→大学→民間→大学→大学→民間→大学→公立、という変遷です。
医局に所属しているとは言え、実際の身分は、文部教官だったり公務員だったり民間人だったりします。
それぞれの勤続期間が短いため、雀の涙程度の退職金を何度もいただくことになりました。
この間の引越回数は8回。そのため長女は3つの小学校を経験しています。

さて、開業してからはすでに16年半近くが経ちました。「転勤」とも「引越」とも無縁になったわけです。
もう、見知らぬ土地に移り住むこともないのかと思うと、どこかちょっと寂しい気もします。
というわけで、せめて、あちこち旅行して回ってやろうって話です。

関連記事
この記事のURL | クリニック | CM(0) | ▲ top
<<コロナもインフルも、また増え始めたかも | メイン | 「あいさつとスカートは短い方がいい」>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |