fc2ブログ
『光る君へ』の劇伴音楽
- 2024/03/08(Fri) -
大河ドラマ『光る君へ』のサウンドトラックCDが人気とのことで、買いました。車で朝晩聴いています。

メインテーマがラフマニノフっぽいと思う方は多いでしょう。しかもピアノが反田恭平
反田恭平と言えば5年前の演奏会を思い出します。佐渡裕と一緒に熊本に来ましたからね。今思えば奇跡です。

サントラには、全部で25曲入っていますが、バリエーションが豊富なことに驚きます。
従来の大河だと、メインテーマをアレンジした挿入曲が多かったのですが、それがまったく無いですね。
今回は全部で150曲ほど作ったという「劇伴音楽家」冬野ユミって、多才な人なんだと思います。

「意外なシーンに意外な楽曲がぴったりとハマったりするのが面白い」のだそうです。

クラシック調のものだけでなく、私にはジャンルを表現できない曲が盛りだくさんです。
バッハ風の曲の中には平均律の露骨なパクリもありましたが、もちろんオマージュと言うべきでしょう。
ジャズ調の曲も多くて、チック・コリア風もあればMJQみたいなのもある。上手くパクって、どれもいい。

ちょっと残念なのは、メインテーマが放送で使われているのと同じ、2分50秒の曲しか入っていなかったこと。
壮大な曲風なので、もっと長く(15分ぐらいの)本格的な「完全版」も収載してほしかったですね。

私がいちばん期待していた、モンテヴェルディ風のリュート曲も、収載されていませんでした。
よく見るとCDは「Vol. 1」となってます。やがてVol. 2が出るんですね。それに期待しましょう。

関連記事
この記事のURL | 映画・TV | CM(0) | ▲ top
<<世界最長路線に乗ってみたい | メイン | 道は真ん中を進む>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |