fc2ブログ
麻疹(はしか)の大流行は防げるのか
- 2024/03/14(Thu) -
海外から持ち込まれた「麻疹(はしか)」の感染が、各地で拡大しています。
麻疹は感染力が極めて強いため、ワクチンの接種が不十分な人は、容易に「空気感染」してしまいます。
感染者からの飛沫がなくても、感染者と同じ部屋・同じ列車等にいただけで、感染してしまうということです。

報道番組では、「はしかが増えているのは人の移動が増えたからです」という説明で済ませています。
これではスッキリしません。いくら人が移動しても、はしかが湧いて出てくるわけではありませんから。

世界には、アフリカや南米や東南アジアやインドなど、はしかが流行(蔓延)している国があります。
そういう国への行き来が増えて来たので、蔓延国からの持ち込み・持ち帰りが増えたということです。

ワクチンの接種率は、アフリカ諸国でもそれなりに増えて来ていましたが、コロナ禍によって頓挫しました。
そうして接種率が低下して麻疹がまた増えて来たところへ、人の移動だけは活発化した、という経緯なのです。

ワクチンの接種率の低下はしかし、発展途上国だけの問題ではありません。先進国でも深刻な問題です。
それは、「反ワクチン」あるいは「ワクチン忌避」の考えを持った人たちの存在です。
ワクチンが子どもたちの健康を害するリスクを過度に心配する方や、陰謀論を唱える人もいるでしょう。
中には、周囲の子どもの接種による集団免疫に期待して、わが子には接種をしない方もいるかもしれません。

麻疹の流行を防ぐ集団免疫の確立のためには、95%以上のワクチン接種率が必要とされています。
日本ではコロナ禍前までは、定期接種の1期・2期ともに、全国的にほぼ95%以上の接種率を保ってきました。
ところが2021年から接種率が下がり、とくに2期は全国的に92%程度という危機的状況です。

その危険なタイミングで、海外から麻疹が持ち込まれたからこそ、今回はとくに問題が大きいのです。
流行を防ぐにはワクチンしかありません。とりあえず第2期未接種の年長児の方へ。接種期限は今月末ですよ。

関連記事
この記事のURL | 予防接種 | CM(0) | ▲ top
<<あわや補助金の返納か? | メイン | 「低残渣食」の効果絶大>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |