FC2ブログ
政治家のてにをは
- 2013/01/09(Wed) -
政治家の演説を聞いていると、「てにをは」が気になります。「を」が多いのです。
たとえば先月、選挙結果を受けて、野田前首相はこう言いました。

「民主党の代表を辞任をいたします」

「を」が多い。どうしてこうなるのか。私の考えはこうです。
政治家は、言質を取られないために、言葉を選んで、区切りながらしゃべる癖があります。
それなのに失言が多いのは、また別の話。
区切るのは時間かせぎのためです。区切るためには「助詞」を付ける必要があります。その結果、

「民主党の、代表を、辞任を、いたします」
という、へんてこな文になってしまったのではないか。私はそう考えます。

「民主党の、代表の、辞任を、いたします」
これなら問題ないのですが、助詞の「の」が連続するので、無意識に「の」を避けてしまうのでしょう。

「民主党の、代表を、辞任、いたします」
書く文ならこれが普通ですが、話す文で「辞任」の体言止めは少し強すぎるので、抵抗があるのでしょう。

「民主党の、代表を、辞任を、することを、決意を、いたしました」
ときにはこんな感じの、くどい言い方も耳にします。とにかく政治家は「を」が多い。

関連記事
この記事のURL | 言葉・文章 | CM(0) | ▲ top
<<手術の生中継 | メイン | 発熱>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |