FC2ブログ
夢と覚醒
- 2013/01/16(Wed) -
「なんだ、やっぱり夢か」と目覚めたのだけど、実はまだそれも夢の中、ってことが時々ありますよね。
夢の中で夢を見たわけです。夢中夢とでもいうのでしょうか。
あとで本当に目覚めたとき、それまでの世界がまだ夢の中だったことに気付くわけです。

しかしそれが、本当の目覚めという保証はありません。「夢の中で夢を見た夢」を見ることもあり得ます。
「いま、これはぜったい夢ではない」ということを、間違いなく確認する方法ってあるのでしょうか。

逆に、夢の途中で「これは夢ではないか?」とわかってしまうことも、少なくとも私は、しばしばあります。
「どうも話がうますぎる」と感じたときは、たいていそう。
こんなときはもちろん「しめたっ」と思います。「うまい話」に乗ってもリスクがないからです。夢なので。
ある意味、無敵です。不死身です。思いつくままに、好き勝手なことができます。

ただし、この状態は長持ちしません。もう睡眠はギリギリのところまで浅くなっているからです。
では、少しでも長く維持するためにはどうすべきか。
私が長年の経験から体得したコツを、特別にお教えしましょう。それは「とにかく動かないこと」です。

関連記事
この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
<<Apple株価低迷 | メイン | 有機EL>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |