FC2ブログ
Appleのシェア
- 2013/02/02(Sat) -
iPhoneもiPadも、ついに売れ行きが低下し始め、生産量を減らし、株価が急落しています。
部品メーカーはAppleに依存していると危険、という意味で「アップルリスク」という言葉も出ています。

私に言わせれば、そもそも、これまでのApple製品のシェア自体が高すぎたのです。

Appleは、画期的な新製品を生み出して、世の中を変える会社です。
その製品が高いシェアを維持できるとすれば、それは他の会社がAppleの製品に追いつくまでの間です。
そしていま、スマホもタブレットも他社に追いつかれたと、それだけの話です。
iPodもiPhoneもiPadも、圧倒的シェアを得た時点で、世の中を変えるという役割は終わっていたわけです。

そのようなAppleの存在意義を考えれば、Appleに依存するのがメーカーにとって危険なことは自明です。

ところで、いまのAppleは、Appleらしさを失いつつあるような気がしてなりません。
「製品で世の中を変える」のではなく「製品を世の中に広める」ことを目指しているからです。
中国などでのシェアを拡大するために、廉価版の製品など作って欲しくない。
ジョブズなら絶対やらないことです。

関連記事
この記事のURL | IT | CM(0) | ▲ top
<<節分 | メイン | 2月は逃げる>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |