FC2ブログ
隣の芝生
- 2010/10/25(Mon) -
夏の間、芝生には毎日水撒きしてきました。
水撒きをしながら感じた古典的疑問があります。
「どうして隣の芝生はあんなに青いのだろう」と。

散水の頻度が少ない?  むしろウチは撒き過ぎぐらいだけど。
芝の種類の違い?    多分同じ。念のため比較検討を要します。
隣は犬がいないから?  ウチの犬がオシッコする範囲は限定しているけど。
肥料?         これも精査の必要あり。


先日フェンスぎわから、隣家の芝生を観察してみました。
芝の種類はウチのと同じようです。固形肥料をまいた痕跡もありません。
ふと振り返り、我が家の庭を見て、驚きました。
ウチの芝生のほうが青くないか?

どうやら答は角度でした。芝生を見る角度。
真上から見た芝生は、隙間が見えるので、青さが足りません。
斜めに見ると芝目が詰んで青々と見えます。
だから隣の芝生は青く見えたわけです。

もともと「隣の芝生は青い」とは
「そう見えるだけだよ」
の意味を含む比喩表現ですが、まさにその通りでした。
少し安心。


関連記事
この記事のURL | 園芸 | CM(0) | ▲ top
<<シャッターチャンス | メイン | 禁煙外来の危機>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |