FC2ブログ
予防接種法改正
- 2013/04/01(Mon) -
予防接種法の一部を改正する法律」が一昨日公布され、本日から施行されました。
予防接種法の第二条第二項で、新たに「A類疾病」と規定された疾病を確認してみます。各号は原文のママ。
 一 ジフテリア
 二 百日せき
 三 急性灰白髄炎
 四 麻しん
 五 風しん
 六 日本脳炎
 七 破傷風
 八 結核
 九 H i b 感染症
 十 肺炎球菌感染症(小児がかかるものに限る。)
 十一 ヒトパピローマウイルス感染症

今回の改正で最後の3つが追加され、これらに対する予防接種が、新たに「定期の予防接種」となりました。

それにしても、法律の文章って、めんどくさい。
九号は、アルファベットの「H i b」です。「ヒブ」としなかったのには、お役所の論理があるのでしょう。
十号の(  )の中の句点は、一般の日本語文章では間違った用法ですが、法律文では基本的用法です。
十一号は、子宮頸がんの原因となる感染症です。なぜ「H P V感染症」としなかったのかは不明です。

それよりも何よりも、この法律の中で、やたらに目に付くのは、仮名遣いの「改正」です。
第何条の「当たつて」を「当たって」に改めるとか、第何条の「行つて」を「行って」に改めるとか。
促音の「つ」を「っ」に改めることぐらい、いちいち条文に書かずに、黙ってやってほしい。

関連記事
この記事のURL | 予防接種 | CM(0) | ▲ top
<<五郎八 | メイン | 執筆の執念>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |