FC2ブログ
イレッサ訴訟
- 2013/04/13(Sat) -
肺がん治療薬「イレッサ」の副作用をめぐる訴訟で、最高裁は昨日、原告敗訴の判断を下しました。
この判決の報道でマスコミの歯切れが悪いのは、かつて原告寄りの偏向報道を行っていたためです。

被害者にはお気の毒ですが、医師も製薬会社も国も、がん治療のために、それぞれの立場で尽力したのです。
誰かが悪いから不幸が起きたのではありません。悪いのは「がん」です。

他に治療法がないので、「間質性肺炎」という副作用があっても、イレッサを選択するしかなかったのです。
それでも、身内を亡くされたご遺族は、この治療薬を選択したことを後悔しておられるのかもしれません。

間質性肺炎は、イレッサ添付文書の「重大な副作用」欄にある4つの項目の、4番目に記載してありました。

その記載が、1番目ではなく4番目だったから「注意喚起」が足りなかったのだと、原告は訴えていました。
しかしそれを1番目に繰り上げれば、別の重大な副作用の順位が繰り下がることになります。
実際、改訂第3版では1番目に繰り上がりましたが、そのかわり「重度の下痢」が2番目に繰り下がりました。
同様に、「中毒性表皮壊死融解症」が3番目に、「肝機能障害」が4番目に繰り下がりました。
繰り下げられた副作用で不幸にも死亡する方があれば、1番目でなかったことが問題になるのでしょうか。

1番目に記載しなければ十分に注意喚起できないというのなら、全部1番目に詰め込んだらどうでしょう。
あるいは行頭に、1)2)3)4)と書かずに、1)1)1)1)にしてはどうか。オール1番です。
そんなバカな話はないでしょう。
最高裁も「記載の順番(中略)により影響を受けるものではない」と常識的に判断しました。

抗がん剤は副作用が強く、医師や製薬会社にとってはリスキーな薬です。
しかしそれでも、果敢にがん治療に取り組むのは、その治療を求める患者さんがおおぜいいるからです。
今回のイレッサ訴訟の原告に対して、やんわりと批判的な意見を述べているがん患者団体もあります。

ほとんどの全国紙が、今回の判決を社説にとり上げていません。分が悪いので口をつぐんでいるのでしょう。
ただ一紙だけ、今回の判決に納得していない某紙が、今朝の社説でも医師や製薬会社を非難しています。
「イレッサが残した課題=医療とカネ」だそうです。もう、あきれます。

関連記事
この記事のURL | 医療 | CM(0) | ▲ top
<<文章の一行目 | メイン | ホームページ拡充>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |