FC2ブログ
宇宙との交信
- 2010/12/09(Thu) -
3分35秒
これが、地球から金星探査機あかつきまでの通信にかかる時間だそうです。
地球から指令電波を出して、その反応が返ってくるまでに7分かかるのですから、トラブル処理操作には相当の苦労があったと思います。

ところで最近、地球から20光年離れた惑星からのパルス信号が受信され、地球外生命体の存在が現実味を帯びてきました。
先月からは、世界合同での地球外知的生命探査(SETIというらしい)も始まり、私の近所では、東海大学宇宙情報センターがこの計画に参加しています。

20光年といえば、宇宙ではご近所ですが、通信には往復40年かかるということ。
多分こんな感じ。

2010年「こちらは地球です。応答願います。」
2050年「すいません、もう一度お願いします。」
    「地球です、どうぞ。」
2090年「あー、ちょっと聞き取りにくいのですが。」


関連記事
この記事のURL | 科学 | CM(0) | ▲ top
<<テータのバックアップ | メイン | 受験生の方へ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |