FC2ブログ
憲法第96条改正
- 2013/05/11(Sat) -
憲法改正論議がいよいよ活発になってきました。
先行改正が議論されているのは「96条」ですが、もちろん、安倍政権の最終目的は「9条」改正です。

まず、96条で定められている、憲法改正の要件をおさらいしておきましょう。以下の2点です。
(1)各議院の総議員の3分の2以上の賛成で「国会が発議」
(2)国民投票による過半数の賛成によって「国民が承認」

この(1)を「過半数の賛成」に引き下げて、発議しやすくしようというのが改正の要点です。
最終判断は国民が行うのだから、国会審議を厳しくせず、国民の判断を仰ぎやすくしようというわけです。
その理屈はわかります。

しかし私は、現実と乖離している9条の改正には(内容により)賛成ですが、96条改正には反対です。
そもそも、改正の仕組みに手を付けるのは邪道でしょう。9条改正には正攻法で挑むべきです。
たとえ国会発議のハードルを下げたとしても、国民投票を突破するのは、並大抵のことではありません。

おそらく安倍首相には、別の意図があるのです。
96条改正を進める過程で、制度上のあらゆる問題点をあぶり出し、法整備を進めようという狙いでしょう。
つまり96条改正は、9条改正のための、言うなれば「予行演習」なのです。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<3Dプリンター | メイン | 消費税還元セール>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |