FC2ブログ
大型加速器
- 2013/06/23(Sun) -
「下手の横好き」という言葉がありますが、「わからんくせに知りたがる」って言葉も提唱したい。

たとえば「反物質」とか聞くと、私の能力を超えていることは確実なのに、それを理解しようと試みます。
日経サイエンスなどを買って帰り、ページをめくって感慨にふけり、やがて目とページを閉じます。

今朝は新聞で「CP対称性の破れ」という文字を見つけたので、他のどの記事よりも先に読みました。
この「破れ」を説明する理論でノーベル物理学賞を受賞したのが、われらが小林・益川両博士です。
両博士の理論によって説明できるのはしかし、「破れ」全体の1000兆分の1以下だといいます。
私の理解も、おそらくそのぐらいの割合です。

宇宙関係で言えば、最近の話題は、次世代大型加速器「国際リニアコライダー(ILC)」でしょう。
あのヒッグス粒子を発見した、欧州の「CERN」をしのぐ、全長30kmの直線状の、史上最強の加速器です。
このILCを、世界にひとつだけ建造することが決まっているそうです。ぜひ日本に誘致して欲しいですね。

国内候補地は、九州(福岡・佐賀県境)と東北(岩手)の2カ所に絞られています。
個人的には九州に来て欲しい。九州人ですけん。だけど東北には復興の象徴という面があり、あなどれない。

建設費は8300億円だそうです。ユニクロの柳井正氏の総資産よりは、ずっと少ない。

関連記事
この記事のURL | 科学 | CM(0) | ▲ top
<<8Kテレビ | メイン | 虫除け>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |