FC2ブログ
老眼
- 2011/01/08(Sat) -
近視の人は老眼にはならない、というのは、もちろんウソです。

6,7年前、子どもの運動会でビデオ撮影しているとき、モニター画面がよく見えないことに気づきました。
当初はモニターの劣化を疑いましたが、ある日、老眼と悟りました。劣化していたのは自分の目でした。
老眼は、それと気付いた日からどんどん進行するものです。
メガネをはずさなければ新聞が読めなくなり、今では大きな文字の本でも読めなくなりました。
遠近両用のメガネを作りましたが、それもすぐに合わなくなりました。

ある日、新聞がぼやけるのでメガネをはずそうとしたら、目尻の皮膚をつまんでしまいました。メガネはかけていなかったのです。ショックでした。
最近では顔の皮膚をつまむことにも慣れています。

いちばん困るのは、目の前の料理が見えないこと。
料理を「目で楽しむ」ために、食事中はメガネをはずして食べます。
それほど楽しめない料理の場合には、メガネをかけたままです。


関連記事
この記事のURL | 健康 | CM(0) | ▲ top
<<ワクチンと年齢区分 | メイン | 停電の恐怖>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |