FC2ブログ
ビールを注ぐ容器
- 2013/07/12(Fri) -
ビールを飲むとき、私は必ず他の容器に注いでから飲みます。缶のまま飲むのは、BBQのときだけです。

しかし注いで飲むのがいいのか、缶のままがいいのかは、今日は論じないでおきます。
注ぎ方の工夫や泡の立て方などについても、今日の話題ではありません。

どのような素材の容器に注いで飲むのが旨いか、今回はそのことだけを考えてみます。

(1)ガラス
基本はコレでしょう。なにしろ見た目がいい。泡の様子や表面の水滴が、いかにも美味しそうに見えます。
大きな取っ手が付いたジョッキよりも、ピルスナーグラスが好みです。洗うときに割れやすいのが難点。

(2)陶器
雰囲気はいい。泡もクリーミー(らしい)です。贈り物ならコレを選ぶけど、なぜか自分では使ってません。

(3)ステンレス
二重構造のやつを以前はよく使ってました。保冷力は抜群。ただどういうわけか、旨くない。

(4)ピューター(またはスズ)
ジョッキ自体がとても冷たくなるのに、不思議とその冷たさが長持ちする。いいとこ取りの素材です。
「熱伝導率が高く、空気への熱伝達率が低い」というのがその理由。
あらかじめ冷やしておくのが良いです。口を付けるとヒンヤリして、ビールの冷たさ感が倍増し、旨いです。

ちなみに私の一番のお気に入りは、象の細工を施したピューターのビアマグです。基本、象が好きなので。

関連記事
この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
<<バルサルタン | メイン | 野次馬>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |