FC2ブログ
著作権70年
- 2013/07/22(Mon) -
著作権の保護期間が、権利者の死後50年から70年に延長される可能性が出て来ました。
欧米では70年が主流だそうで、TPP交渉のために、日本もそれに合わせようというものです。

しかし本来、著作権は、その著作者に独占的利用権を与え、創作活動へのインセンティブを与えるものです。
死後の著作権が保護されたところで、もはや創作活動には反映されません。
故人の著作のおかげで、いい目をみている人や団体が、保護期間の延長を求めているだけの話でしょう。
70年はもちろん、50年でも長すぎると思います。

今回の件では、「青空文庫が一転曇り空」などと報じられています。座布団一枚。
「青空文庫」というのは、著作権が消滅した作家などの作品を、無料で読めるデジタル書籍(図書館)です。
夏目漱石とか太宰治とかの作品が代表で、もうじき没後50年を迎える三島由紀夫も解禁間近だそうです。

もしも保護期間が70年になると、三島由紀夫の著作権消滅が20年も延期されてしまいます。
それどころか、没後65年の太宰治の著作権が、復活するなんていうことはないでしょうね。
いやいや念のために、今のうちに、著作権フリーの太宰治を確保しておくべきでしょう。

そんなわけで、青空文庫の太宰治の作品を、全部ダウンロードすることにしました。
読むかどうかもわからないのにダウンロードするところが、いかにもセコいですけど。

関連記事
この記事のURL | 言葉・文章 | CM(0) | ▲ top
<<猛暑日 | メイン | ハマキムシ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |