FC2ブログ
バックアップの条件
- 2013/08/14(Wed) -
データクラッシュは忘れた頃にやって来ます。「バックアップしときゃよかった」と後悔してもあとの祭り。
数々の苦い経験に泣いてきた私がたどり着いた、バックアップの必要条件を述べます。

(1)高頻度であること
データがクラッシュしたとき、直前のバックアップからの経過時間が短いほど、当然実害は少ないわけです。
なのでバックアップは限りなく高頻度に、できることならリアルタイムに行うべきです。
これは、Dropboxなどのクラウドストレージを利用した「同期型」バックアップで実現できます。

(2)改変できないこと
同期型バックアップの欠点は、ファイルやフォルダの削除が、そのまま同期されてしまうことです。
ファイルの過去バージョンを復活させる方法はありますが、複数ファイルの大規模な修復は難しくなります。
一度バックアップしたものは、そのまま保つことが重要。これには外付けHDDへの保存が有利です。

(3)安定していること
外付けHDDは、故障する可能性があります。パソコンの内蔵HDDへのバックアップなどは、もちろん論外。
複数の外付けHDDへ、多重バックアップを行うことが理想的。
クラウドストレージには、システム障害サービス終了などの危険があることは、以前にも書いた通りです。

(4)復元が容易であること
保存と復元の容易さで言えば、MacのOS標準の「Time Machine」は、私の理想に近いすぐれものです。
1時間ごとに24時間、1日ごとに1カ月間、1週間ごとのバックアップをずっと、自動的に保存してくれます。
なによりも、復元が直感的なのがいい。と書いても、現物を見ないとわかりませんね。

(5)安全であること
USBメモリやDVDへの保存は、紛失や盗難の危険があります。ノートパソコンも持ち出さない方が賢明。
火災等によるデータ消失を防ぐためにも、自宅と職場の両方での保存や、クラウドの利用が必要です。
しかしクラウドサービスでは、ハッキングが心配です。NSAに監視されていることも、忘れてはなりません。

現在私は、クラウドで同期した4台のMacに、それぞれ外付けHDDを装着し、全部Time Machineを稼働中。
さらにLAN上のHDD(NAS)にも保存。8重のバックアップです。バックアップマニアと言えるかもしれません。

関連記事
この記事のURL | IT | CM(0) | ▲ top
<<爪切り | メイン | 星新一賞>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |