FC2ブログ
ジェスチャー特許
- 2013/08/28(Wed) -
NHKで先週「フルタ家の不思議なテレビ」という、昔の「お宝映像」を紹介する番組をやっていました。
そこで見たのは「ジェスチャー」というクイズ番組。幼い頃に見た覚えが、おぼろげながらあります。

ある「お題」を、何もしゃべらずに身振り手振りで表現し、味方チームの回答者がそれを当てるというもの。
「地球儀を見て研究する火星人」これがその時のお題でした。
柳家金語楼の演じる「火星人」が、うまい。さすが。これぞお茶の間の娯楽番組、って感じです。

パソコンもスマホもケータイも、ゲーム機すらなかった時代。テレビはあっても一家に一台。
家族は当然、お茶の間に集合です。人気番組の視聴率はきわめて高く、半沢直樹の比ではなかったでしょう。

Appleが最近「ジェスチャー特許」を取得していることを、今朝の日経が報じていました。
マウスやタッチペンに加速度センサーと圧力センサーを搭載して、それを持つ腕の動きを感知するとのこと。
ここで言うジェスチャーは、おもに腕と手の動き。全身を使った金語楼風のものとは、ちょっと違います。

ジェスチャーによる入力装置ということなら、Microsoftの方が先に開発し、すでに販売もしています。
ゲーム機「Xbox」用の「Kinect」と呼ばれるデバイスです。
プレイヤーの体の動きを、離れた位置からカメラで感知します。こちらはわりと、金語楼に近いかも。

Appleのジェスチャー特許は、「iWatch」のユーザインタフェース(UI)につながる可能性がありますね。
もしそうなら、Appleらしい革新性があるし、それに「Google Glass」よりも自然に使えそうな気がします。


関連記事
この記事のURL | IT | CM(0) | ▲ top
<<物品管理 | メイン | 打ち上げ中止?>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |