FC2ブログ
日本脳炎注意報
- 2013/09/05(Thu) -
「日本脳炎注意報」が9月2日、熊本県下に発令されました。県が注意喚起しているのは、以下の3項目。
(1)蚊(コガタアカイエカ)に刺されないように心がけること
(2)休養、栄養、睡眠を十分にとり過労を避け、体力の保持に努めること
(3)日本脳炎ワクチンを接種すること

蚊に刺されるなと言われても困るし、休養もなかなか十分にとれないのが現実ですけどね。

日本脳炎は、感染したブタを刺した蚊が、そのあと人を刺すことによって、ウイルスを媒介します。
手洗い、うがい、人混みを避ける、などといったインフルエンザの時のような対策では、防御できません。

調べてみると、私が6歳のときの日本脳炎の患者報告数は、全国で年間2000人を越えていたようです。
発病者の3分の1は死亡し、3分の1には重度の後遺症が残る、ホントに恐ろしい病気です。

幼少期の私は日本脳炎に恐怖を感じていたので、蚊に刺されるとすぐ、キンカン(薬)を塗っていました。
あの刺激の強いキンカンなら、日本脳炎のばい菌を消毒できるだろうと、当時はそう思っていたのです。

日本脳炎から本当にこどもたちを守るのは、予防接種です。定期予防接種のひとつとして規定されています。

ところが、こどもたちの日本脳炎ワクチンの接種が無料であることを、ご存じない方が思いのほか多い。
現在は、0歳6カ月の赤ちゃんから高3相当のお子さんまで、みんな無料で接種できます。
こんなに幅広い年齢層で、全員が定期接種扱い(無料)という予防接種は、ほかにありません。
厚労省は、過去の日本脳炎ワクチン政策で負い目があるので、それを反省しての大盤振る舞いなのです。

関連記事
この記事のURL | 予防接種 | CM(0) | ▲ top
<<ドコモからiPhone | メイン | ザッピング>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |