FC2ブログ
汚染水問題
- 2013/09/18(Wed) -
福島第一原発の、汚染水漏れ問題。その「原因究明」のために、貯蔵タンクの解体が始まりました。
もちろん原因究明も大事ですが、それよりも、抜本的な汚染水対策を1日でも早く、始めてほしいものです。

日本人のだれ一人として、いま汚染水の漏れがコントロールできているとは思っていません。

だから安倍首相がIOC総会の場で、それを「コントロールできている」と力強く明言したのには驚きました。
しかしこれは、「コントロールしてみせます」という、首相の決意表明のように受け取ることもできました。

ツッコミどころ満載ですが、東京五輪も招致できたし、私としては、あのシーンは好意的に評価したいです。

ところが、首相発言の数日後になって東電幹部が、汚染水は「コントロールできていない」と発言しました。
そんなことは、わかってますって。あなたが偉そうに言える立場ですか、っていうのが第一印象。
もちろんこれは、民主党の議員に言わされてしまったのです。

おまけに2年前には、遮水壁の建設が計画されながら着工が先送りされたことが、今回新たに判明しました。
その主犯こそ、東電と民主党政権じゃないですか。
両者が今になって、汚染水はコントロールできていないと言うのだから、あきれるほかありませんね。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<チャンスは3回 | メイン | スズメ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |