FC2ブログ
心臓移植
- 2011/02/04(Fri) -
海外で心臓移植手術を受けるための、ある募金活動について、今朝の朝ズバが特集していました。
こういう報道を見ると、いつもふたつのことを思います。

親の行動力と「助け合い」の力がこどもの命を救った、という「感動」がそのひとつ。
もうひとつは、移植を待つ外国のこどもたちの順番に、日本人が「割り込んだ」ことへの「申し訳なさ」です。

1999年に、日本での脳死移植が始まりました。
「脳死は人の死か」という議論が巻き起こり、欧米人とは異なる日本人特有の感情、倫理観・宗教観・死生観が、日本に脳死移植が定着するのかどうかを、疑問視させました。
しかしもう一つ、強行して行われ、なおかつ失敗した1968年の「和田移植」が、日本人に「移植アレルギー」を招いたことも事実でしょう。
ひとつ「コト」があると、いっせいにアレルギー反応を呈して、その結果大事なことを遅滞させてしまう、日本人の一面です。

強烈なプレッシャーの中で手術を成功させた12年前の移植チームには敬意を表します。
当時とは打って変わって、最近では脳死移植がいちいち全国ニュースになることもなくなりましたが、これは移植医療が定着したというよりも、日本人の「熱しやすく冷めやすい」気質のせいかもしれません。

事実これまでに、脳死心臓移植は91件行われただけです。昨年は23件と年間最多でしたが、それでもアメリカの1%のペースです。
そのアメリカの年間2千数百件の中に、日本人への移植も含まれることを忘れてはならないでしょう。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<八百長相撲 | メイン | ワクチン無料化へ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |