FC2ブログ
新燃岳噴火
- 2011/02/11(Fri) -
1月27日以来の相次ぐ爆発的噴火によって、周辺地域に降灰被害と不安を与えている新燃岳。
噴火のニュースを聞いてすぐに思い出したのは、「死都日本」という小説です。

医師が書いた災害小説ということで興味が湧き、8年前の発売直後に購入して一気に読破しました。
新燃岳を含む霧島一帯に大噴火が起きて、日本が大変なことになる話です。
火山オタクでもある著者石黒耀の、知識と空想力とスケールの大きさには驚かされました。
今読むといっそうリアリティがありそうです。

ところで、映画007シリーズにも新燃岳が登場したことがあります。
その事実を私は最近知り、確認のために鑑賞してみました。
日本が舞台となった「007は二度死ぬ」という、1967年公開の映画です。
ジェームズ・ボンドが日本に潜入し、悪の組織スペクターと対決するストーリー。
ところがそのスペクターの秘密基地が、こともあろうに新燃岳の火口内部に設置されているのです。
ボンドの活躍によって基地は爆破されますが、それに誘発されて新燃岳が大噴火してしまいます。
ラストは、溶岩流が周辺地域を飲み込んで行く様子を、ボンドとボンドガールが遠くから満足げに眺めているというシーン。
今だと公開しづらい映画です。


関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<見出しと本質 | メイン | 八百長相撲>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |