FC2ブログ
iPhoneへの愛
- 2013/10/21(Mon) -
「iPhoneへの『愛』で膨らむ貿易赤字」
今日の日経(電子版)の見出しには笑いました。
9月の日本の貿易赤字はiPhoneが主な原因で、これには日本の「iPhone好き」が関係しているというのです。

世界シェアでは右肩下がりのiPhoneが、なぜか日本では高いシェアを維持しています。

スマホの国内シェアでiPhoneがトップなのは、世界でも米国と日本だけだそうです。
米国人はともかく、日本人がみなApple好き、ましてや私のようなApple信者とは思えません。
それなのに、世界トップシェアのサムスンが日本ではあまり売れず、そのかわりAppleが売れるのです。

韓国製品は、国際的には一流品だとしても、日本人の受け止め方は少し違います。少なくとも私はそう。
日本人は、ソニーやパナソニックやシャープの方が、企業としては格上であると、固く信じているからです。

日本でiPhoneのシェアが高いのは、「敵の敵は味方」的なメカニズムなのかもしれません。

しかもAppleの宿敵サムスンは、その傲慢な企業風土が、韓国人からも嫌われていると言われています。
その証拠に、韓国市場でもiPhoneは約30%のシェアがあるそうです。
そういえば、最近買ったiPhone5s用ケースは韓国製でした。韓国にもAppleファンはいるようです。

関連記事
この記事のURL | IT | CM(0) | ▲ top
<<ワクチン接種間隔 | メイン | パソコンとデータ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |