FC2ブログ
落書き
- 2013/11/11(Mon) -
ラッパー「エミネム」の、高圧洗浄プロモーションが話題になっていますね。じつに面白い。
彼の名前で型抜きした板を、街の道路や壁に当て、高圧洗浄機で文字の形に「洗浄」するというものです。
そこにはあたかもロゴをペイントしたかのような、広告ができあがります。いやあ、アイデアですね。

でも法的にはどうなんでしょうね。不法に道路を変色させた、なんて言いがかりをつけられるのでしょうか。

洗浄機ではなく、スプレーペイントで道路や公共建造物の壁に文字や絵を描くのは、もちろん違法行為です。
私邸のブロック塀や、店舗のシャッター等に落書きしてもいけません。

落書きはなるべく早く消さなければならず、そのためには、手間と費用がかかります。
それを補償してくれるのが、通常の保険よりも補償対象が広い「店舗総合保険」という火災保険です。
当院でもこれまでに、車の衝突によるフェンスの損壊を、この保険で補償してもらいました。

火災のほかに「建物外部からの物体の落下・飛来・衝突・倒壊等」による被害を、補償してくれるのです。

スプレーペイントによる落書きは、このうち「飛来物」に該当するので、被害を補償してもらえるそうです。
同じペンキでもハケで塗られると、飛来物とみなすかどうかは、保険会社によって解釈が分かれるとのこと。
マジックによる落書きは、明確に「補償対象外」のようです。でも、マジックを投げつけた場合はOKかも。
当院に落書きする方がおられましたら、念のためスプレーペイントでお願いします。

関連記事
この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
<<自動ブレーキ車 | メイン | 消防検査>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |