FC2ブログ
自動ブレーキ車
- 2013/11/12(Tue) -
自動ブレーキ車の体験走行中に、車が止まらずマットを突破してフェンスに激突する事故が起きました。
運転者の頸椎捻挫と助手席の人の右腕骨折を考えると、かなりの衝撃(スピード)だったのでしょう。
マットとフェンスの間に、人がいなかったのが幸いでした。

詳細はまだ明らかにされていませんが、車は止まるどころか加速していたのではないかと、私は推測します。
自動停止を待ちきれず、運転者が自分でブレーキを踏もうとして、間違えてアクセルを踏んだ可能性です。

試乗者は、走行前に係員からきっと、こう言われていたはずです。
「車は必ず自動的に止まりますから、決してブレーキを踏まないでください」
そう言われても、目標が近づくとやはり怖い。怖いけれども、車を信じて走り続けなければなりません。
自動ブレーキ車の体験走行とは、ある意味「チキンレース」なのです。

まさか自動停止する前に、怖くて自分でブレーキを踏んでしまうなんて、みっともないマネはできません。

うっかりブレーキを踏まないように、走行中の右足はアクセルの上に乗せっぱなしになります。
しかしどうしても恐怖心に勝てなくなり、思わずその右足を踏み込んでしまった。私の推測はこれです。

事故防止のためには、自動ブレーキ体験は、シフトをニュートラルにして慣性走行で行うべきだと思います。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<小泉氏の脱原発論 | メイン | 落書き>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |