FC2ブログ
舌腫瘍
- 2013/12/06(Fri) -
甘利明・経済再生・TPP担当大臣が、早期の舌がんと診断され、手術を行う予定とのこと。
安倍首相は、甘利氏の辞意を慰留しました。自らが病気から復帰した過去がある、安倍氏ならではでしょう。

テレビで甘利氏を見るとき、いつもは額が気になっていましたが、今日は口元ばかり見てしまいました。
まあ何にしても、手術がうまくいって、早く復帰して、TPP交渉をキチッとやってもらいたいところです。

もう一人、ギタリストの村治佳織さんが舌腫瘍で療養中だということを、少し前に知りました。
そういえばもう何年も聞いていなかったと思い出し、彼女のCDを、この頃よく聴いています。
闘病中の彼女を感じるからか、もの悲しい響きに聞こえます。

ルネサンスからバロックの、やや古い曲が、とくに好きです。なかでも、ダウランドの曲がいいですね。
ジョン・ダウランドは、16世紀から17世紀の、イギリスの作曲家・リュート奏者です。
村治佳織の奏でる、中世ヨーロッパ独特の和声を聴くと、ますます悲しい気分になります。

回復を祈っています。お二人とも。

関連記事
この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
<<コネクタの向き | メイン | アーモンド>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |