FC2ブログ
時価総額
- 2014/01/10(Fri) -
株をやらないので、株価自体にはあまり興味はないのですが、時価総額のニュースには、なぜか敏感です。
昨年末の東証の発表では、時価総額第1位はトヨタ自動車の22兆円、2位に大躍進のソフトバンクが11兆円。
以下、ホンダとメガバンクとドコモなどが続きます。

Apple信者なので、いちおう時価総額の世界ランキングとAppleの動静も再確認しておきます。
昨年11月末時点で、1位Apple 5003億ドル、2位エクソン・モービル4084億ドル、3位Google 3540億ドル。
意外なほどにAppleが断トツですが、「iPhone5s」を発売した昨年9月から勢いづいているようです。

Appleが株価総額世界一に躍り出たのは、2012年の9月でした。ジョブズ死去の約1年後のこと。
ジョブズを失ったのをバネにして、その後1年間のAppleは、まさに「飛ぶ鳥を落とす勢い」でした。

しかし、カリスマの威光が薄れてくると、株価は下がり、Appleの凋落ぶりがささやかれ始めました。

たしかに、iPhone5sやiPad Airなどの評判はまずまずですが、その程度の製品では誰も納得していません。
世界がAppleに期待しているのは、新製品ではなく「新しいカテゴリー」だからです。

登場が予測されている「iWatch」は、バッテリー等の技術的課題に直面して、開発が難航しているようです。
しかしそんなことよりも、多くの人が腕に装着したくなるような製品かどうか、それが最大の問題です。

いずれにしても、次にAppleが世に出す製品は、よほど画期的で、世界を変えるモノでなければなりません。
いやあ、ハードル高いっすねえ、Apple。

関連記事
この記事のURL | IT | CM(0) | ▲ top
<<振動で発電 | メイン | 星新一賞選考中>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |