FC2ブログ
節電とテレビ
- 2014/02/05(Wed) -
寒い日と暖かい日の差が激しいですね。こんな時がいちばん、体調を崩しやすいのでしょうか。

朝の院内を暖めるため、早朝からエアコンが作動するように、いつもタイマーをセットしています。
ところが日によっては温まりすぎてしまい、窓を開けて暖気を放出する始末。もったいない話です。

震災後に節電が叫ばれていた頃、エアコンよりもテレビを消すべきだ、という話が出ました。
野村総合研究所が震災の約1カ月後に出した「家庭における節電対策の推進」という提言が発端です。

それによれば、液晶テレビ1台を止める節電効果は、エアコン1台を止める効果の1.7倍とされていました。

週刊誌等がこの提言をとりあげて議論を巻き起こしましたが、その論点は次の2つでしょうか。
(1)熱中症の危険をおしてまでエアコンを止めるよりも、まずテレビを消せば良い。
(2)しかしそれでは不都合なので、この提言をメディア(テレビ)は黙殺している。

この話を思い出したのは、テレビってホントにつけっ放しだと、自宅でいつも感じるからです。
節電を考えたら、せめて電力需要がピークの時間帯には、なるべくテレビを見ないぐらいの態度が必要です。

どうせ真っ昼間にやっているのは、娯楽番組かドラマか、情報密度の低い情報番組ぐらいのもの。
率先してこの時間帯の放送を中断するテレビ局があれば、カッコイイですけどね。

関連記事
この記事のURL | 社会問題 | CM(0) | ▲ top
<<若い人の禁煙 | メイン | ワクチンの効果>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |