FC2ブログ
若い人の禁煙
- 2014/02/06(Thu) -
年が明けてから、禁煙外来を受診される方が増えています。「今年こそは」という気持ちなのでしょう。

禁煙外来(禁煙補助薬の処方等)に保険が利く「対象患者」となるためには、いくつかの条件があります。

(1)ニコチン依存症を判定するテスト(TDS)で、10項目の設問のうち、5点以上に該当すること
かなり主観的な設問です。保険適用のためなら、4点以下の回答をする受診者はいないでしょう。

(2)ブリンクマン指数(=1日の喫煙本数x喫煙年数)が、200以上であること
逆に言えば、喫煙本数や年数が少ない者は自力で禁煙しなさいと、保険は利きませんよと、そういう意味。

(3)直ちに禁煙することを希望していること
禁煙外来にやって来て、でもすぐには禁煙しないってへそ曲がりがいるのか?

(4)禁煙治療について説明を受け、文書で同意すること
禁煙外来にやって来て、しかも治療に同意しない人などいるはずもなし。

(5)前回の禁煙外来から、1年以上を経過していること
そうたびたび保険は使わせません。禁煙治療を失敗した者への、1年間のペナルティーです。了見が狭い。

このうち(2)は、若い人に保険が適用されにくい条件なのが問題でしたが、どうやら改善されそうです。
4月の診療報酬改定では、このブリンクマン指数の条件が緩和される可能性が出てきました。
ただし、保険適用を緩和して財源は大丈夫なのか、という意見も根強く、紆余曲折あるかもしれません。
消費税増税に伴い、たばこも値上がりします。禁煙を推進するいいチャンスなので、水を差さないでほしい。

関連記事
この記事のURL | 医療 | CM(0) | ▲ top
<<軽いインフルエンザ | メイン | 節電とテレビ>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |