FC2ブログ
日本の大動脈
- 2014/02/19(Wed) -
「日米同盟の『大手術』」
日米の防衛協力のためのガイドライン見直しを報じる、今朝の日経記事の見出しです。
思い切った政策断行時などに、このような「外科的表現」が用いられます。

「日本列島の『大動脈』」
新幹線とか高速道路とかの交通の幹線のことを、よくこのように言います。
しかし考えてみると「動脈」というのは、心臓からからだへと血液を送り出す経路のことです。
厳密には、心臓(東京)から末梢(地方)へ向かう「下り線」だけを、大動脈と呼ぶべきでしょう。
となると、地方から東京へ向かうルート、つまり「上り線」は、「大静脈」ということになりますね。

「日本列島の『大静脈』」
なんか、裏通りのような感じ。却下。

「大動脈の二重系化」
大動脈である東海道新幹線は、今年50歳。動脈硬化(老朽化)が進み、血流量(輸送量)にも限界が来ます。
おまけに体表面付近(太平洋沿岸)を走っているために、外部からの打撃(地震・津波)に弱い。
そこで体内の深い部分(内陸部)に、大動脈のバイパスを作ろうというのが「リニア中央新幹線」です。
腹部打撲(東海地震)には対処できますが、心臓発作(首都直下地震)には何の役にも立ちませんけどね。

関連記事
この記事のURL | 生活 | CM(0) | ▲ top
<<路上のゴミ | メイン | 車のマイコン>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
| メイン |